トヨハシサッシサービス この街タウン誌Vol.2

この街タウン誌
体調で決める朝のフルーツジュース

みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか。皆さんの暮らしと住まいを快適にするためのちょっと役立つ情報を お届けします。朝のフルーツは「金」といわれます。朝のフルーツは「金」といわれます。フルーツにはすぐにエネルギーに なる糖分とからだの代謝を高めるビタミンがバランスよく含まれているので朝食にぴったりです。毎朝の健康週間として、 朝食にはぜひフルーツを加えたいものです。体調が思わしくない時には、ついつい朝食を抜いてしまいがちですが、

摂らないと、体を動かすエネルギーが不足してしまい、よけい調子が狂ってしまいます。そんなときには、 食べやすく胃腸にもやさしいフルーツだけでも摂るように心がけましょう。 ひと手間かけて生ジュースにすれば ゴクっと一気に飲めて、スピーディに栄養補給ができ、体もシャキっと目覚めます。今号では二日酔い、便秘、 肉体疲労時など体調に合わせたフルーツ生ジュースをご紹介します。

ミキサーとおろし金、レモン絞り、グレープフルーツ絞りなどを用意し、フルーツによって使い分けてジュースを 作りましょう。ミキサーを使うときは、フルーツの皮をむいて粗くカットしておきます。ヨーグルトや牛乳と 混ぜるとカルシウムも一緒に摂ることができますから、骨を丈夫にし、イライラを鎮める作用も期待できます。

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

朝食としての満足感もあるので忙しい朝にぴったりです。 また、シリアルに牛乳をかける代わりにジュースをかけるのもおすすめです。以下の体調に合わせたフルーツジュースを あげてみました。このほかにも組み合わせを自分流に変えて、オリジナルジュースもどんどん試してみてください。

二日酔いのとき 腰痛・肩こりのとき ストレスでイライラするとき
手早く水分補給ができ、アルコールの分解を助けるグレープフルーツジュースがおすすめです。しぼり器でしぼってそのままどうぞ。 酸っぱすぎるという場合は、少量のハチミツをまぜて。aaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

神経細胞を修復する働きのある葉酸を多く含むグレープフルーツがおすすめ。

しぼり器で絞って飲みましょう。aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
ストレスによってビタミン C が大量に消費されてしまうので、そういうときにはビタミン C を多く含むイチゴや柑橘類をたくさん摂るように しましょう。レモンやオレンジなどのジュースはいかが。
便秘気味のとき 体がだるいとき 食べ過ぎて胃がもたれるとき
便秘気味のときには腸の働きを活性化させる食物繊維が効果的。食物繊維が豊富なバナナ一本に牛乳 150〜200cc をミキサーでシェイクしてどうぞ。 疲労回復にはクエン酸が効果的です。疲労物質の乳酸の生成を抑えてくれる作用があります。レモンやグレープフルーツ、オレンジなどの柑橘類をしぼって飲みましょう。 文字 消化を助けるフルーツがおすすめ。パイナップルとキウイをミキサーやおろし金ですりおろしてミックスジュースにどうぞ。
傷んだものはジャムにして

ばさばさになった果物や傷みはじめたものは、煮詰めてジャムにすると最後までおいしく食べられます。(ただしメロンはあまり適していません)。果物の可食部分 500g と砂糖 100 ? 200g (フルーツの糖度や好みで調節します)を鍋に入れふたをせずに中火にかけます。沸騰したら弱火にして、こげつかないように時々鍋を揺すりながら3?4分の 1 量ぐらいまで煮詰めます。鍋のまま2?3時間冷まし、熱湯消毒した空き瓶で保存を。 1 週間を目安に使い切りましょう。作ったジャムは、パンにつける以外に、焼肉のソースや洋風煮込み料理の隠し味にも使えます。